location: ホーム経営理念リーダーシップについて>イノベーション

南青山デンタルクリニック(東京・青山)・リクルート

イノベーション

歯科医院を経営していて、30人以上の社員がいますと、出ていく経費も当然多くなってきます。
 良いサービスを行っていくためには、いい人材の確保は不可欠になってきます。
 良い人材は欲しいが、少数精鋭で社員数は極力抑えないと今のような厳しい時代の経営は難しいです。

こういう厳しい経済の状況下においては、ライバルは周りの歯科医院ではなく、患者様の期待に添う努力がライバルになってきます。
 他社との「競争から、自社での「精進が生き残る道になってきます。
 「周りが行っているからする」というのでは、今の規模では経営的に追いつきません。
 当クリニックがありふれた歯科医院なら、わざわざ多くの歯科医院の中から選んで来ていただけないからです。

常に「周りがやっていないからスタートする。」
 というスタンスで、業界に先んじて何かを行っていかなければ生き残っていけません。
 よく言う、イノベーションというのは、周りに先駆けて行っていくものですが、そのヒントはお客様が持ってきてくれます。

歯科医院でいえば、患者様が望まれていて、「そんなことできないよ~」ということを行っていくことがイノベーションにつながってきます。
 「業界の常識、お客様の非常識」をお互いの常識に変えていくことがイノベーションにつながります。

「言うは易し、行うは難し」
できないことをできるようにしていくことが経営者、トップの仕事ですから、患者様のお声に真摯に耳を傾けていくところに、新しいヒントがあると信じています。
 患者様やスタッフがクリニックのレベルを上げていくためのヒントを持っていても、トップがその言葉や言動を簡単に見落としていたのでは、何も改善していきません。
 そのためには、人間的に謙虚にプラス思考で生きていかなければいけないと思って精進したいと思っています。

イノベーションについて(Wikipediaより)

物事の「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。新しい技術の発明だけではなく、新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革である。つまり、それまでのモノ、仕組みなどに対して、全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすことを指す。