location: ホーム経営理念リーダーシップについて>マンネリ化対策

南青山デンタルクリニック(東京・青山)・リクルート

マンネリ化対策

私の毎日のテーマは日によって変わってきますが、1年間を通じて一番多いテーマがマンネリ化対策ではないかと思っています。
仕事において、家庭において、生き方において……いろんなことにおいて、私にとってマンネリ化は永遠のテーマのように思っています。

人間の生き方には2種類の生き方があると思っています。
1つは人間の本能のままに生きていく生き方、もう一つは物事に意味と価値を見つけながら生きていく生き方です。
本能のままに生きていくと、人間は怠け者だし、自分勝手な生き方になってきます。
そうすると、「楽していい思いがしたい」という、快楽を追求した生き方になってしまいます。

恥ずかしながら、若い時には、このような快楽を求めて、ただなんとなく生きてきました。
そうして生きて来て、もっと楽しいことはないか、もっと楽に生きれないか、などを期待しながら………そんなうまい話はないので、不平不満を言いながら生きていました。
そうして生きていると、常にマンネリ化と向き合うことになり、退屈というさらなる苦悩と直面しながら、「生きていくってしんどいな~」とまたしても不平不満を言うようになっていました。

そういうことを繰り返していくうちに、「何のために?」ということを真剣に考えながら生きていくようになっていました。
「自分は何のために生きているのか?」
「自分は何のために仕事しているのか?」
「自分は何のために頑張っているのか?」

これらの意味と価値を真剣に考えていくうちに、「自分のための○×」という理由では、どうしてもマンネリ化から抜け出せない事に気が付きました。
「自分以外の人のための○×」という理由を考え出していくうちに、少しづつマンネリ化からの脱出方法が見えてきました。
今もって、マンネリ化が自分のテーマであるのは、少しでも何となく流されながら生きていると、また「自分のための○×」という理由に偏ってきてしまいます。

神様は、「自分のことだけ考えて生きていたら、幸せにはさせませんよ」と言っているような気がします。
逆に言えば、「自分以外の人のことを尊重して生きれば幸せにしてあげますよ」と言ってくれているようにも感じます。

仕事に人生にマンネリ化を感じた時には、自分の生き方を見直しなさい、反省しなさいと神様が言ってくれているような気がします。

マンネリ化しない人生こそが私の理想の人生だと思っています。
以前は、そんな人生ありえないと思っていましたが、今は自分の心がけ次第で十分可能な事だと思っています。

▼「マンネリ化対策」関連記事