location: ホーム採用情報成功する為に大切な事>流される生き方vs意識して生きる生き方

南青山デンタルクリニック(東京・青山)・リクルート

流される生き方vs意識して生きる生き方

人の生き方には、24時間の中で、流されて生きる時間と意識して生きている時間と2種類の生き方が混ざり合っています。
別の言い方で表現すると、何も考えないで無意識の中で過ごす時間と、意識して行動したり考えたりする時間とあります。
朝起きて、出勤する場合に、何も考えなくても職場に着けます。それまでに何度も何度も通勤しているので意識しなくても職場までの行動が習慣化されています。
一方、初めての場所や、あまり行かない場所に行く場合は、間違わないように緊張しながら正しい道を選択しながら進んでいきます。
日常においても、大半の時間は昨日までの自分が意識しなくてもできる事を行っています。
昨日までの自分では習慣になっていないことをすると、ストレスを感じて居心地が悪いので自分の中に緊張感が走ります。
何も考えないで、無意識に行動できる事、感情の感じるままにする言動は楽ですが、成長とは、意識してする好ましい言動を無意識レベルまで落とし込むことのように思います。
損得に左右されたり、楽な道に流される今までの自分の価値観を、何が理想か何が正しいかを判断しながら、新しい価値観を習慣化していくことが成長であったり生きていく意味のような気がします。

人間は、先天的には、感情のままに流されて生きていけば、易きに流される弱い生き物です。
しかし、後天的に、正しい価値観を構築しながら、意識して生きていくことで、少しずつではあっても、周りや感情に流されない生き方ができるようになってくる生き物のようにも思います。
私自身、まだまだいろんなものに流されながら生きていますが、少しずつでも正しい自分の価値観を構築していきながら、流されない生き方、理想に向かった生き方をしていきたいなと思います。
そのためには、いろんなことを自分の頭で考えながら判断していく習慣を身に付けていきたいと思います。
昨日までの自分を少しでも成長させるということは、日々何らかのストレスや緊張感を自発的に自分自身に課すということのように思います。
自分からストレスに飛び込んでいく、ストレスから逃げない、ストレスの向こうにあるご褒美を可視化する、ということが成長へのヒントのような気がします。

昔の人は「若い時の苦労は買ってでもしろ!」といいことを言っていますが、何歳になっても苦労の向こうには大きなご褒美が待っているのだと思います。
ストレスがないことを喜ぶ生き方よりも、ストレスがあることを幸せだと思う生き方にこそ、大きな喜びや幸せが隠れているのだと思います。

「我に艱難辛苦(かんなんしんく)を与え賜え」(山中鹿之助)
彼だって本当は楽な人生が良かったのではないかと想像します。(たぶん!?)
しかし、こういうことを意識して生きていくことで、自分を鼓舞しながら生きていたのではないかと想像してしまいます。
男ならこんな言葉を言いながら生きてみたいですね。

▼「流される生き方vs意識して生きる生き方」関連記事