location: ホーム採用情報成功する為に大切な事>成功VS失敗

南青山デンタルクリニック(東京・青山)・リクルート

成功VS失敗

人間だれしも、できれば連戦連勝、すべて成功の人生を歩んでいきたいと思っているのではないでしょうか?
 私も失敗よりも成功の方がいいです。
 しかし……
 そんなことはあり得ないことである以上、失敗や物事が思うように運ばない時に、その出来事を前向きに考えることが大切になってくると思います。
 気持ちとしては、当然うまくいってほしい、でも出た結果は自分の思いとはかけ離れている。
 この事実をどう考えれば前向きに受け入れられるだろうか?

一般的には、物事はうまくいった時点、成功した時点で完了です。
 しかし、うまくいかない場合には、そこで諦めるか、うまくいくまでトライするかにわかれます。
 うまくいくまでトライするのであれば、必ず、その失敗から何かを学ぶことができます。  それは成功していたら、学べなかった「気付き」です。
 その気付きが、のちの大きな成功に結び付くかもしれません。
 もしそうであれば、時間がたてば、一時的にうまくいかなかったことはありがたいことになってきます。
 その可能性があるのであれば、うまくいかなかった時点で、落ち込むよりはありがたかったほうが得なのです。
 その場で落ち込んでも、どうせ後で感謝するのであれば、なるべく落ち込む期間や程度を最小限に抑える工夫をした者勝ちのように思います。

人は目に見えるものには感謝しやすいですが、目に見えないものには、創造力を働かせて感謝できる習慣を身に着けていきたいと思っています。
 うまくいかない時こそ、「チャンス」「ついてる」「試されている」と思って頑張っていける考え方を身につけられたら、成功してもハッピー、失敗してもチャンスと思えれば、24時間幸せな気持ちでいられるように思います。

プラス思考、感謝思考とは創造力の差のような気がします。