新卒の学生さんへ

当クリニックの新卒歯科衛生士の採用実績

  • 2017年 3名
  • 2016年 2名
  • 2015年 5名
  • 2014年 5名
  • 2013年 2名
  • 2012年 2名
  • 2011年 2名
  • 2010年 1名
  • 2009年 3名
  • 2008年 2名
  • 2007年 1名

新卒の方を歓迎する理由

当クリニックでは新卒の方の採用を歓迎しています。

その理由として

1.新人の方は素直な方が多い

学生時代には、先生の言う事に従わなければ学生生活が窮屈なものになってきますので、多くの場合、先生の言う事に従うという習慣が出来ています。

学校には学校の決まりごとがあるので、その規則を守っているという事は、それ自体素晴らしい習慣なのです。

学生時代に、せっかくいい習慣が身についていたにもかかわらず、社会に出たら、自由という名のもとに、自分勝手なことが許されてしまう職場もあります。

そんな医院に勤めていた人を、再教育し直す事はとても大変なことなのです。中途採用の人を再教育し直すよりも、技術的には多少時間はかかっても素直な人を、きちんと教育していく方が成長も早いのです。

何を基準に決断したらいいのか 悩んでいる学生さんへ

就職は人生における1つの大きな決断です。学生から社会人として生きていくためのスタートラインなのです。

その際、何を基準に決断すればいいのかわからないで、いろんな歯科医院を見れば見るほど逆に決断しにくくなったりするものです。

そこで、社会人の先輩として就職する歯科医院を選ぶ際の判断基準をいくつかお教えいたしますので、参考にしてもらえればうれしく思います。

1.学ぶべき立派な先輩が複数いる(常勤歯科衛生士18名在籍)

はじめに勤める医院で働く先輩衛生士のレベルが低いと、自分もそのレベルの衛生士で終わってしまいます。尊敬すべき先輩衛生士がいるからこそ、その人を目指して頑張れるのです。

「鉄は熱いうちに打て」と言うことわざがありますが、卒業してはじめの2年間がその後の衛生士人生を決定します。

この2年間で勉強する習慣のできた人は、その後も努力を続け必ず立派な歯科衛生士になることでしょう。

一方、先輩衛生士のレベルが低い医院に勤めた新卒衛生士は、仕事をなめてしまい学生と大して変わらないレベルの実力で歯科衛生士人生を終えてしまうでしょう。

時間と共に、その差は天と地ほどの違いが出てくるのです。それほど初めに勤める医院での先輩衛生士のレベルは大切なのです。

南青山デンタルクリニック

広島駅前医院